混合廃棄物を分別|建築副産物を適切に処理する特殊機械

女性作業員

産廃処理のコスト削減

解体工事

様々な事業において、産業廃棄物は必ず発生してしまうものでしょう。産業廃棄物は適切な処理を行う必要があり、多くの事業者は中間処理を行なった後に最終処分を行なっているかと思います。この中間処理というのは、産業廃棄物を最終処分し易くするための工程で破砕や焼却、脱水、中和、溶融、選別といった処理を施します。選別においては、再利用可能な資源を取り分けるもので、それ以外の処理に関しては滅容を主な目的としています。産業廃棄物の内容によって、それらの処理は使い分けられるのです。ここでは、破砕処理について知っていきましょう。
破砕処理というのは、その名称の通り産業廃棄物を破砕し細かくすることで処理しやすくするものです。破砕する際には、産廃破砕機と呼ばれる特殊機械を用います。この産廃破砕機というのは、内部にカッターを複数軸備えており様々な産業廃棄物を細かくすることが可能なのです。コンクリート等も細かくできるため、多くの現場や中間処理業者に利用される特殊機械となっています。産業廃棄物を産廃破砕機で処理することによって、最終処分の処理費用コストを抑えることができるでしょう。最終処分に関しては、埋め立てか定められた海域への投棄といった方法がとられます。多くの場合は埋め立て処分されますが、有害な物質を多量に含むものであれば専門の施設で適切な処分を行ないます。様々な事業において、これらの産廃処理は必ず守らなければなりません。