混合廃棄物を分別|建築副産物を適切に処理する特殊機械

男の人

産廃処理のコスト削減

解体工事

事業において発生する産業廃棄物の処理を産廃処理と呼び、産廃処理に至るまでには中間処理を行うことが適切です。中間処理には破砕処理と呼ばれるものがあり、産業廃棄物を細かく砕くことで最終処分を行いやすくするのです。

詳細

産廃処理の許可申請

作業員

産業廃棄物処理を行う際には、都道府県知事の許可が必要になります。それらの許可というのは、産業廃棄物の収集運搬の時点から必要になるでしょう。許可が中々とれない場合には、許可申請をサポートしてくれる業者を頼ることをお勧めします。

詳細

振動篩機による分別

ゴミ

土木・建築・解体工事現場を主とした様々な工事現場では、産業廃棄物や建設発生土と呼ばれる建設副産物が必ず発生します。これらの建設副産物は適切に処理する必要がありますが、その処理を行うためには問題を解決しなければなりません。その問題というのは、多くの建設副産物において産業廃棄物と建設発生土が混合してしまっているといった問題です。こういった建設副産物を混合廃棄物と呼び、これらは適切に分別しなければ処分できないのです。しかし、混合してしまった産業廃棄物と建設発生土を分別する作業というのは、とても困難なものとなるでしょう。この問題で頭を悩ませている工事事業者は数多くいるはずです。ここでは、混合廃棄物を効率的で確実に分別する方法について知っていきましょう。
混合廃棄物を効率的で確実に分別する方法として、振動篩機と呼ばれる特殊機械を使用するといった方法があります。この振動篩機というのは、振動を利用して混合廃棄物を確実に分別することのできる特殊機械です。振動篩機を利用する際には、まず粉砕機で混合廃棄物を均等な大きさに粗砕きする必要があります。その後、粗砕きした混合廃棄物を振動篩機にセットし、振動を加えます。振動を起こす際、振動篩機は機械内部の軸による重心移動を行ないます。振動と重心移動の作用によって、混合物の重さによる篩分けが行なわれます。篩分けがしっかりと行なわれたら、産業廃棄物と建設発生土は別々のコンベアで運ばれます。運ばれる際には、ベルトコンベアに備え付けられている強力な磁石で金属類を取り除くことも可能です。こうすることによって、混合廃棄物を確実に分別することができ、適切な処理を行うことができるのです。

許可申請の条件

解体工事

埼玉県においても、産業廃棄物の運搬を行うためには許可が必要です。その許可を受けるためには4つの条件を満たさなければなりません。その条件について知り、自身の事業が許可を受けるに値するのかどうかを考えましょう。

詳細